グルメ男の食べ物日記

Latest Posts

北海道の旅

北海道へ旅行へ行ってきました。まずは道央と言う北海道の中心部へ。札幌から小樽のあたりを観光しました。初日からジンギスカンを食べて大満足。そして次の日は旭山動物園へ!少し時間がかかったけど、あれほど騒がれているのでどのぐらい凄いのかと思っていましたが、私でもすごく楽しめるほどでした。凄い!そして、次の日は北海道の右側の方の釧路市へ行ってきました。ここは知床へ行くための拠点にしたのですが、知床はなんと言っても世界遺産。世界遺産と言うだけあってか、自然の大きさやダイナミックさには感動しました。夜は釧路市のホテルに泊まってろばたへ。ろばたは釧路のあるお店が発症と言われているようで、霧の町の中でひときわ目立っていました。ろばたへ行くとホッケやカニなどを炭火で焼いて食べる。本当に美味しい!お酒もグイグイ飲んでしまって最後にお寿司屋さんへ行きました。お寿司屋さんでは毛ガニを出してもらったのですが、ここの毛ガニがまた最高!仕入れ先を教えてくれたので自宅でも通販で買えるようです。北海道は自然を満喫して、そして食べ物も美味しい。これぞ北海道と言わんばかりですが、是非また行きたいランキングに入りました。 北海道はお米も美味しいですよ!無洗米通販おすすめサイト

文化祭で見たパネル製作に感心した話

私の息子の高校の文化祭に遊びに行ってきました。本人は来ないでほしいと言っていましたが、その高校は私の母校でもあるため、「OB・OGとして行くだけだよ」と勝手に入ることに決めました。息子には会うことはできませんでしたが、校内をぐるっと回って学生たちが色々なお店を出しているのを見てきました。私が学生の頃は、学校内で飲食ができるというだけでお祭り騒ぎでしたが、最近の学生は色々とコダワリを見せていて、単純に感心することがいくつもありました。特に目を引いたのは教室にお客さんを誘導するためのパネルでした。最近はこういったパネルの類も通信販売でオーダーができるらしく、ベースの画をパソコンが得意な生徒が書いてそれを業者に発注したんだそうです。そうするとそれがパネルに印刷されてプロのクオリティで届くというわけです。私達の頃は看板なんて木と画用紙で手作りが当たり前でしたが、最近はなんでもパソコンとネットでできてしまうんですね。また、学生と生徒が一緒に作ったという料理やお菓子もとてもおいしかったです。すごくキレイに盛りつけられていて、まるでお店で食べているみたいでした。時間が限られていたのであまりゆっくりはできませんでしが、色々と最近の学生の文化に感心させられる一日でした。
パネル製作

身体をホカホカにするしょうが湯

しょうが湯というのは、しょうがを利用したホットドリンクのことです。寒い季節になるとしょうが湯が恋しくなりますが、それにはそれなりの理由があるのです。熱を加えたしょうがというのは体をホカホカとあたためて血行を良くし、免疫力を高めると言われています。風邪が流行るシーズンなので、身体が知らず知らずのうちに欲しているのかもしれませんね。ここでポイントなのは、あくまでも加熱したしょうがが効果的だということです。生のしょうがは逆に身体を冷やす効果があるので避けなくてはいけません。しょうが湯やしょうがを使ったスープなどがおすすめです。それにしてもなぜ、しょうがは加熱することで体をあたためるようになるのでしょうか。じつは、しょうがは熱を加えることでショウガオールという血行増進成分が増加するのです。あまり大量に摂ると発汗するほどですが、そこまでするとかえって体温を下げてしまい逆効果なので、あくまでも適量を心がけることが大切です。生姜パワーを正しく利用して、寒い冬を元気に乗り切りましょう。毎朝1杯のしょうが湯がその日1日をパワフルに過ごすラッキーアイテムと言われていますが、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ドレッシング通販でいいお店を見つけました

まともなドレッシングがどこにも売っていない!ということで、今回はドレッシング通販を使って購入してみようと思いました。もちろんいいお店が見つかったらということで、片っ端からドレッシングが売っているところを探したのです。そうしたらいいお店が1店だけ見つかったのでそこでドレッシングを買って見ることにしたのです。当然ですがドレッシングひとつでサラダをおいしく食べることができるかできないかというのが全然変わってきますのでそのあたりを考えて慎重に選ぶことにしました。それで私がドレッシングを選んだひとつの基準としてどれだけしっかりとした素材を使っているかということです。やはり通販で買う以上値段的なところよりも珍しいもの、つまり品質の優れたものを選びたいというところがあったわけです。実際自分の口の中に入るものですから、少しでも良いものを食べたいと思うのは当然のことですよね。ただその一点だけを考えて選び抜いたドレッシングを購入して試しに使ってみたところ、思ったとおりの満足できるだけのものを買えたという満足感に溢れた結果になりました。もちろんそれからは頻繁に同じドレッシングを買って食事を楽しんでいます。いいものが見つかって本当に良かったです。

食べ歩きツアーをしてきました

今回の食べ歩きツアーはラーメン編です。私は胃が小さいので1日に5件も6件も・・とまわる事ができないのでお店を決めていざ出陣。まずは渋谷にある油そばのお店へ。店内に入ると席は10席ほどのお店で食券を買って店員さんへ。このお店は品数が3品と相当自信を持っていると雑誌にも書いてあった。その油そばを食べてみるとなんだろう、美味いんですw最初は麺が少し入っていて野菜が少し乗っているだけの単純に焼きそばを進化させたようなものと思っていましたが、味を感じてみると後からくるうまさだ。熱さはないのでするすると麺がのどに入っていき今までのラーメンの概念を超えているような気がして本当に美味しかった。量も適量だったのでそこまでお腹がいっぱいになる事もなく大満足で終了。ここで少し腹ごなしと言う事でゲームセンターに行って1時間ほど遊んで喫茶店へ。次に行く店はあの有名な次郎系ラーメン。どっさりと盛られるラーメンはとにかくボリュームが多く、食べると病みつきになるらしい。そのラーメン店は池袋から歩いて20分ほどにあるのだが看板はかかっていない。看板がないのでのれん分けではないのかと思いましたが、店主はそこで修行をしていたようだ。並んでお店に入るとどっさりのもやしが。出てきたラーメンは超山盛りです。それを20分ぐらいかけて食べましたがもういらない。。でも、後からまた行きたいと思ってしまうこのラーメンは不思議です。あと不思議と何度も食べたくなるといえばカレーですよね。こないだまで海軍カレーにはまって何度も食べてしまいました。中毒性の高い食べ物って恐ろしい。

ネット通販は自分好みの和菓子に出会える!

いろいろな名産地でしか購入できない和菓子でもネット通販だと簡単に味わうことができます。とっても便利でもともと和菓子が大好きなこともありよく利用しています。今までいろいろと購入してきましが何度も利用していると自分の中でのランキングもだんだんと決まってくるものです。お世話になるお店ではもう何度も何度も利用させてもらい、贈り物にも対応してもらったりもしているほどです。 私の場合は転勤族で地元から離れて暮らしていることもあり、懐かしいので地元名産の和菓子をお取り寄せ通販で利用したりもしています。一番のお気に入りは伊丹名物の酒まんじゅうです。中満というお店なのですがとってもおいしい香りも楽しめる酒まんじゅうでもあるのです。これを食べると何故か地元に帰った気持ちになれ元気がでるので私にとってはなくてはならないお菓子でもあったりします。 日持ちも適度にすること、6個から地方発送も可能だったりすることなどからお世話になっている和菓子でもあります。 これからも通販でいろんな忘れられない和菓子に出会えるといいなと思っています! 和菓子 ギフトで購入できるようになったのは本当に便利ですよね。好きな和菓子がいつでも食べられます。

実家に帰るので

実家に帰る時に土産って買っていきますか?私の実家は青森にあるのですが、東京に居て帰る時に何か名産をと考えても何もでてきません。名産と言えばお菓子ぐらいか。東京バナナなんて買って帰っても喜ばれるのか不安だった。そこでネットで検索していると以前食べた牡蛎が出てきました。オヤジもお酒を呑むのでお酒とオイシイものを買っていけば、一緒にのめると思っていたのです更に調べてみるとたくさんある!牡蠣 通販で調べ続けると金額が高いものから安いもの、生だったり佃煮になっていたりと色々あるじゃないですか!うちの実家は両親しかいませんが、その両親以外にも兄弟がいるので少し多めに20個も注文してしまいました。そして、一緒にあわせるお酒ですが、やっぱり日本酒ですね。北国なので熱燗もできると思い新潟コーナーに移動。新潟の地酒は数は多く、しられていないお酒も多い。その分、値段も張っているものも多く選ぶのにそうとう苦労しました。苦労したかいあってか、1万円ぐらいの1勝瓶をGET。まぁ、その時に実家に帰った時
にはオイシイと言ってくれてうれしかった事と、想像以上にお酒も美味しかったのでかなり飲み過ぎてしまったと言う苦い過去になりました。これから帰るときは何か送るのが良いと言う事と、お酒は1しょうびんもいらないと言う事がわかりました。

ほっこり癒される和菓子の甘さ

若いころはケーキやドーナツ、シュークリームなどの洋菓子を好んで食べていたのですが、30代半ばを過ぎたあたりから、ちょっと疲れたなって思うと和菓子を食べたいと思うようになりました。周りの友達と話をしてみても、和菓子が人気。魅力を改めて感じるようになったりわざわざ自分で和菓子を好んで購入するようになったのは、ある程度年齢を重ねてからのようです。友達と和菓子の話をしているときに多く出るのが、こしあんと粒あんのどちらが好きかということなのですが、みなさんはどちらが好きでしょうか?私は断然こしあん派なんです。口の中でとろけるようなこしあんの優しい甘さを感じることができるとほっこり優しい気持ちになることができます。緑茶とも合いますが、意外と合うのが牛乳です。こしあんと牛乳の組み合わせは最強だと思っています。和菓子の繊細な甘さは、日本人ならではの技術だと思います。デパ地下や雑誌などで特集されやすいのはデコレーションされた洋菓子のほうが多いと思うのですが、伝統があったり、昔から続く人気の老舗のお店が多いのは和菓子だと思います。和菓子は量を食べることができませんが、少量でも満足感を感じることができるということも大きな魅力のひとつでしょう。

いつも満足油そば

先日、濃い物が食べたいと思い久々に油そばを食べにいってきました。量も多めで注文し、ニンニクの量も多めに設定。超ボリューミーな味に設定しました。結果かなりお腹に来る味になりましたが、それでも相変わらず最後までおいしく完食しました。油そばで僕が一番おいしく感じるのは、実は麺よりも、最後にほんのちょっとだけ残る汁なんです。油そばですから汁の量はほんとうにちょっとだけですが、それが非常に濃い味で、濃い物好きな僕にとっては最高なんです。少量ですからそこまで気持ち悪くならないですし。ニンニクやラー油のきいた、パンチのある味。あれがほんとにたまんないんですね。また、その汁を割ってもらって飲むのもそれはそれでまたいいですね。だいたいのお店のスープ割りはだしがきいてるので、確実においしく味わえますしね。油そばを食べたあとだと、やっぱり普通のラーメンでは物足りない感じがします。いつもとは言いませんが、ほんとにちょくちょく油そばは食べたいですね。それに、普通のラーメンよりもカロリーも低いのでちょっとカロリーが気になっていましたけど、あれなら大丈夫そうですね。結局はラーメンなので、食べ過ぎはダメなのかな。

おいしいのにダイエットにも最適な油そば

わたしが油そばを初めて食べたのは3か月ほど前のことでした。東京に行ったとき、夕飯に何を食べようかとお店を見ていたのですが、夫が以前油そばを食べたことがあって、とてもおいしかったので、ぜひ食べようということになり、食べることになりました。油そばというのは、汁のないラーメンのようなものです。わたしは最初、汁がなかったらおいしくないのではないかと思っていました。しかし、汁はなくても油そばはぎっしり味が染み込んでいてとてもおいしかったです。しかも、油そばはふつうのラーメンに比べてカロリーが3分の1ということもうれしいです。だから、とてもヘルシーですし、女性のダイエットに最適です。普通のラーメンが食べたいけれども、カロリーが気になるから食べられないと思っている女性でも、油そばなら食べられるかもしれません。味もとってもおいしいのに、ダイエットにもなるという油そばは本当に魅力的な食べ物です。わたしも夫に紹介してもらって食べることができてラッキーでした。これなら、ダイエットをしていても、ラーメンが食べられるので、ダイエット中でどうしてもラーメンが食べたくなったら油そばをたべて、ダイエット中を乗り切ろうかなと思います。